【画像で比較】目袋と涙袋の違いを覚えよう!あなたの目元はどちらの袋?

目袋と涙袋の違いを覚えよう!あなたの目元はどちら?

加齢と共に、目元に膨らみができてきた。

もしかしてこれって、涙袋?

結論から言えば、加齢と共に目元が膨らむのは目袋です。

目袋と涙袋、同じような名前で、同じような部分にできるので間違えやすいですが、その違いは天と地ほどの差があるのです。

ここでは目袋と涙袋の違いについて解説しています。

 

涙袋とは?

涙袋で女子力アップ

namidabukuro2-e1541612498216 【画像で比較】目袋と涙袋の違いを覚えよう!あなたの目元はどちらの袋?

涙袋は目のすぐ下にある膨らみ。
涙袋を形成するのは目の下の筋肉です。

ここに膨らみがあることで、女子力がアップ。

ポイント
なぜ涙袋があると女子力がアップするのかというと、それは立体感にあります。

目元に立体感を加えることで、女子特有の丸みというか膨らみを演出する事ができるのです。

立体感が女子力アップさせてくれるメリットはそれだけではありません。

立体感と目元のハリは密接な関係にあり、立体感があればそれだけで、若々しい顔立ちに見せることができます。

namidabukuro2-e1541612498216 【画像で比較】目袋と涙袋の違いを覚えよう!あなたの目元はどちらの袋?

涙袋はどう作る?

涙袋は基本的に筋肉でできているので、エクササイズが一番効果的です。

コツコツとエクササイズをして目元の筋肉を鍛えるのが面倒くさい方は、プチ整形で涙袋を人工的に作る方法があります。

涙袋は筋肉が衰えるとなくなってしまいます。

昔と比べ目元の立体感がなくなってきたな。と思う方は、エクササイズを始めてみるのも良いですね。

MEMO
涙袋は女子にとって良いことばかり!

 

目袋とは?

目袋は加齢の象徴

目袋は、涙袋よりもさらに下の部分に膨らみの事を指します。
涙袋は若々しさの象徴でしたが、それとは逆に目袋は加齢の象徴

さきほどの涙袋は筋肉で形成されていましたが、目袋は脂肪が溜まっています。

namidabukuro2-e1541612498216 【画像で比較】目袋と涙袋の違いを覚えよう!あなたの目元はどちらの袋?

この方を見ていただくとわかるのですが、ほとんどの方が顔周辺の筋力が衰え、脂肪が垂れ下がり、目元に脂肪が溜まっていますよね。
これが目袋。

目元は、顔の中でも特に印象が強いポイント。
久しぶりに見たら、この人なんだか老けたな?」と思ったら、目の下に膨らみができている事も少なくありません。

目袋と知らなくても、潜在的に目袋が老けて見える。と私たちは、無意識に認識してしまっているのです。
ですから目袋ができてしまったらすぐに直した方が良いでしょう。

注意
必ずといっていいほど、老けてみられ、あなたの年齢+5歳以上と思われてもおかしくありません。

 

目袋はどう治す?

目袋は、目元周辺の筋肉が衰え、脂肪を支えきれなくなって下に垂れ下がってしまうことに原因があります。

目袋を治す方法は2つ

  1. エクササイズで目の周辺を鍛える
  2. 筋肉は諦めて、肌のハリを取り戻す

目の周辺の筋肉を鍛え直せば、目袋として現れている脂肪を再びリフトアップする事ができます。

2つ目の方法は、エクササイズで筋力を取り戻すのでは無く、皮膚にハリを取り戻し目袋を強制的に押し込んでしまう方法です。

エクササイズは、筋力を取り戻すための時間を必要としますが、皮膚にハリを取り戻す方法は一瞬です。
すぐにハリを取り戻したいのであれば、整形が一番効果的。

ですが…

ポイント
整形よりも格段に安く、すぐに効果を表したいのであれば目元シートが一番です。

namidabukuro2-e1541612498216 【画像で比較】目袋と涙袋の違いを覚えよう!あなたの目元はどちらの袋?

 

涙袋と目袋の違いまとめ

涙袋

namidabukuro2-e1541612498216 【画像で比較】目袋と涙袋の違いを覚えよう!あなたの目元はどちらの袋?

  • 目のすぐ下にある
  • 女子力アップのもと
  • 立体感アップ
  • 筋肉で形成
  • 若々しい顔付きに
  • エクササイズで手に入れられる
  • あると嬉しいもの

 

目袋

namidabukuro2-e1541612498216 【画像で比較】目袋と涙袋の違いを覚えよう!あなたの目元はどちらの袋?

  • 加齢の象徴
  • 涙袋よりも下にある
  • 脂肪が溜まってできた膨らみ
  • エクササイズで治せる
  • 目元の張りで強制的に治せる
  • 目袋はいらない

 

涙袋と目袋の違いはこのようにまとめることができます。

あなたに該当しているのはどちらでしょうか?

もしあなたに目袋があるのであれば、すぐに消していかないといけません。

その方法は上記で解説したように、エクササイズして筋力を取り戻す方法と、目元にハリを取り戻して強制的に目袋を押し戻す方法の2パターンあります。

 

ポイント

その中でも、目元のハリを取り戻す方法が、一番手っ取り早く安く済みます。

目元のハリを取り戻す方法は、目元シートや、目元クリームで治す方法が一般的。

 

目元シートは、速効性がありますが、目袋にしか効きません。

目元クリームは、時間はかかりますが、目袋だけでなく、色素沈着や潤いを保ち、毎日塗ることで目袋の予防や目元周辺のトラブルを防ぐ予防効果もあります。

どちらもメリットデメリットがありますので、あなたのパターンにあった解消方法をお選びください。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です